ダイエットは腸から!

腸活ダイエット

腸内環境が良くないと、どんなダイエット方法も効果は発揮されにくいです。
ですので、「痩せたい!」とお考えなら、まずは腸活ダイエットから始めてみてはいかがでしょうか?

腸内環境を改善することで太りにくく痩せやすい体になるだけでなく、お肌や体の調子もアップ。
腸活は、美容、健康、ダイエットの「基本」です。

腸活とは?

腸活とは、腸内環境を整えることでダイエット、健康、美容に良い体に改善することです。

腸内には100兆個~1000兆個を超える腸内細菌がいて、
大きく分けて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類です。

この3つの菌のバランスを「腸内フローラ」といい、理想的なバランスは「善玉2:悪玉1:日和見7」の、善玉菌が優位の状態です。

ところが、現代人の多くは悪玉菌優位な腸内環境にあります。

しかも、意識的に腸活を続けないと、腸内環境は悪化してしまいます。

そのため、腸活はほとんどの人に有効な「美容・健康・ダイエット法」であるといえます。

腸活ダイエットの効果

このような効果があり、痩せやすく、太りにくい体に体質改善されます。

腸内環境が悪いと、反対に痩せにくく太りやすくなってしまいます。

この状態ではどんなダイエット方法も効果が現れにくく、今までいろんなダイエット方法を試してきたけど痩せなかったという人は、腸内環境が原因かもしれませんね。

腸活ダイエットで痩せる理由

腸活をして腸内環境を整えることで、どうして痩せることができるのか?というお話をしましょう。

まず腸内にいる3つの菌ですが、簡単に説明すると、
善玉菌はダイエットの「味方」
悪玉菌はダイエットの「敵」
日和見菌は、善玉・悪玉の優位な方の味方をします。

腸活して善玉菌が優位になると、「デブ菌」だった日和見菌が「ヤセ菌」として働くようになります。

善玉菌・ヤセ菌(日和見菌)

腸内の善玉菌といえば、代表的なのが乳酸菌です。そしてそのほとんどが、乳酸菌の一種であるビフィズス菌。

つまり、善玉菌=ビフィズス菌と考えて問題ないでしょう。

さて、善玉菌とは食べたものを「発酵」させて、体に良い物質を作り出す菌です。
発酵食品が体に良くダイエットにも効果的であることは有名ですね。
その発酵を腸内で行うのが善玉菌です。

ダイエットにおいては、善玉菌が作り出す物質が脳内で「セロトニン」という食欲を抑える物質に変わるので、食欲が抑えられてたくさん食べなくても満足できるようになります。

また、善玉菌が作り出す「酢酸」は、酸に弱い悪玉菌を減らすことにもつながります。

善玉菌が増えることで日和見菌が「ヤセ菌」となり、善玉菌の味方をしてくれるようになります。
ヤセ菌もまた、善玉菌と同様にダイエットに役立つ有用な物質を作り出してくれます。

悪玉菌・デブ菌(日和見菌)

悪玉菌は肉や魚に多く含まれるタンパク質を「腐敗」させて、体にとって有害な物質「毒素」を発生させます。

毒素は腸壁から吸収されて血管に入り、血液の流れに乗って全身を巡ります。すると細胞の代謝が低下したり、臓器の働きが弱くなるなどして、消費エネルギーが減少。さらに脂肪の燃焼をも妨げるので、肥満の大きな原因となってしまいます。

また、毒素は腸の働きを悪くしてしまうので、便の流れがスムーズにいかなくなります。
つまり、便秘です。

便秘はさらに悪玉菌を増加させ、どんどん便秘は酷くなっていき、腸内環境もどんどん悪化。どんどん太りやすい体になっていきます。

 

 

腸活ダイエットのやり方

摂取すべき腸活成分

腸活には、

まず「菌」についてですが、
腸内環境を整える食べ物といえば、ヨーグルトを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

そして、「生きたまま腸に届く」ことが重要だと思っている人も多いはず。

ですが・・・、「生きて腸に届く」ことは全く重要ではありません。

テレビCMでは生きて腸に届くアピールが凄いので、これが「重要」なことだと勘違いしてしまいますね。でも、菌の生死は関係ないことは、信じられないかもしれませんが事実です。

まず、体の外から入ってきた菌が体内で定着することはありません。
もし生きた菌が腸内に侵入してきたなら、腸内ですぐに殺されてしまうでしょう。

そして、ヨーグルト内の菌の「何%」が腸まで生きて到達して、何時間、何日間生き延びて、そもそも善玉菌として働いてくれるのか、一切のデータが公表されていませんね。

結論を言うと、
「死菌」でも、「生菌」でも、どちらでも良いのです。
また、ヨーグルトやヤクルトの「乳酸菌」でも、納豆菌でも、キノコの菌でも、体害のない菌なら何でも良いのです。

外部から菌が腸内に侵入して来ると、善玉菌がこの侵入者を退治しようとします。この免疫作用を利用して、侵入者が来る危険性を与えてこれに備えさせる、つまり善玉菌を増やしておくように働きかけることが、「菌」を体内に取り入れる一番の目的です。

このように、善玉菌を増やすために菌を摂取することを「プロバイオティクス」といいます。
また、乳酸菌や酵母菌のような「発酵」する菌であれば、発酵で作り出された有用物質も一緒に摂取できます。

食物繊維は「炭水化物」の一種ですが、消化・吸収されることがないため摂取しても太りません。
オリゴ糖も炭水化物で、しかも糖質で甘みもありますが、消化・吸収されにくいです。
これらは腸内では善玉菌の餌となり、善玉菌を増やすことにつながります。

このように、善玉菌を増やすための餌となる炭水化物を摂取することを「プレバイオティクス」といいます。

便秘を改善する

もし便秘にお悩みであれば、それが腸内環境を悪化させている原因の一つになっているのかもしれません。

便秘を解消するには、

水を飲む

水分は便を軟らかくして出やすい状態にしてくれます。
朝起きたら、まずはコップ一杯の水を飲む習慣を付けましょう。

朝昼晩3食食べる

食べることは「出す」ことにつながります。特に朝食は重要です。眠っていた腸が朝食を摂ることで動き始めます。

よく噛んで食べる

悪玉菌はタンパク質を食べて増えます。小腸で吸収されなかった未消化タンパク質が、大腸菌が増える原因でもあるわけです。ですので、タンパク質がきちんと消化されて残りカスが台帳まで届かないよう、消化しやすいように飲み込む前によく噛んで細かくしましょう。

腸が動く運動

腸は自分の筋肉で「ぜんどう運動」をすることで食べ物を奥へと流すことができますが、外部から腸を動かすことでも食べ物を流すことができます。

上半身を左右にゆっくり振る、腰を曲げて前屈する、上半身をグルグル回す、なども良いですね。
腹筋など腸の周りの筋肉を鍛えるのも、腸の動きをよくすること胃つながります。

排泄を習慣づける

排便は、実はある程度「習慣」で決まります。

出す習慣を付ければ、体はちゃんと出す準備をしてくれます。便意を感じたらチャンスですので、我慢せずなるべく早くに出すように心がけましょう。

サプリメント

簡単に腸活ダイエットするなら、サプリメントに頼るのもアリ。

便秘を解消するために食生活や生活習慣を変えるのは面倒。運動もしたくない・・・なら、
腸活成分「菌、食物繊維、オリゴ糖」を摂取するだけでも十分・・・というか、むしろコチラの方が重要な、腸活ダイエットのメインです。

とはいえ、ヨーグルトやキノコや納豆、野菜を選んで食べるのも大変。買いそろえるにもお金が掛かりますよね。
だったら、サプリメントの方が安くて、一度にイロイロな成分が摂取できるので便利です。

例えば、ヨーグルト一杯で摂れる乳酸菌は200億個。
でもサプリ1粒で1000億個の乳酸菌が摂取できます。

さらに食物繊維やオリゴ糖、植物発酵エキスまで配合されたサプリもありますので、ダイエットに必要な栄養素も同時に摂取できてしまいますね。

腸活食材を1つ1つ揃えて、腸活レシピを考えて作って食べるのも「やってる感」があって良いですが、
腸活サプリメントが、最も腸活に有効で効率の良い方法といえるでしょう。